ディズニーランドで赤ちゃんと一緒に行ったら受けられるサービスは?ミルクのお湯や離乳食、無料で使えるお役立ち情報、裏技まとめ

2017年9月4日

子ども達ながいお休み期間中に、家族でディズニーランドやディズニーシーへ行く計画を立てている皆様。
子連れのママならではの、子ども、赤ちゃんんと一緒にディズニーランドに行くときのお役立ち情報や、裏技をまとめました。


赤ちゃんとディズニー、オムツやミルクが切れてしまったら?

ディズニーランドの規則として、食べ物やアルコールの持ち込みは原則禁止されていますよね。でも赤ちゃんや、パーク内のレストランのものが食べられない乳幼児のはどうすればいいのというママ達の疑問が多いのではないでしょうか?

ディズニーランドではベビーセンターという赤ちゃんのためのお役立ち施設が準備されています。
ベビーセンターでは
・おむつの交換
・粉ミルク、紙おむつ、ベビーフードの販売
・授乳やお食事、ミルク用のお湯の提供
・ベビーカー用レインカバーの販売

ミルクやオムツを切らしてしまった時でも安心してディズニーランドを楽しむことができますね。


離乳食は持ち込めるの?


乳幼児のための離乳食や、アレルギーがあるこどもの食事は持ち込み可能となっているそうです。
テーブルサービスのレストランでは、離乳食の温めも対応してくれるお店があるそう。
赤ちゃんと一緒にディズニーランドのレストランで安心して食事ができますね。

また、ミルクを作るお湯もどのレストランでも無料で提供してくれます。
「ミルク用のお湯をください!」と、レストランのキャストに頼んでみてください。
セルフサービスのお店では、ホットドリンク用のカップに入れたお湯を提供してくれますよ。

夏休みも子どもでにぎわうディズニーランド。暑い日は冷たい飲み物が欠かせませんが、小さい子どもたちにはジュースやカフェインの入ったウーロン茶などは飲ませたくないですよね。
そんな時は、セルフサービスレストランにある、給水機のお水を飲ませましょう。
お水がぬるくて、子どもが嫌がるのでは?とご心配のママ!
実は、セルフサービスレストランではある魔法の言葉を使えばお水が冷たくなるのです・・・・
その言葉とは...

氷の入ったカップをください!

こう、セルフサービスレストランのキャストの方に伝えてください。かわいいミッキーの柄のカップに冷たい氷をいれて手渡してくれます!もちろん、氷だけなら無料!タダ!

カフェイン飲料が飲めない子どものための、麦茶を持参して、かわいいミッキーのカップに注いであげたら子どもも大喜びですね。


ほかにもあった!?ディズニーランドの小技!

パークで販売しているポップコーン。いい香りで美味しくって子どもにも大人気。
子どもに持たせたら、まだ1口しか食べていないのに箱からこぼしてしまった!!!
あ~もったいない!!!

なんていう経験、ありませんか?

安心してください、そのポップコーン、戻ってくるかもしれません。

まずは、ポップコーン売り場のキャストさんか、ごみをお掃除してくれる白いつなぎのキャストさんに、ポップコーンをこぼしてしまったことを相談してみてください。

やさしいキャストさんが、子ども達をがっかりさせないために、素敵な魔法のチケット、「マジックフェザー」をつかってポップコーンもうひとつ持ってきてくれることがあるかも知れません!

でも、ポップコーンほぼ食べちゃってから、わざとこぼすのはNGですよ!!念のためw


子連れディズニーのまとめ

いかがでしたか、子ども、赤ちゃんと一緒にディズニーランドへ行くときのミルクのお湯や離乳食、無料で使えるお役立ち情報、裏技をまとめてみましたが、お役に立ちましたか?
子もちのファミリーにもやさしいディズニーランド。次に行くときはぜひ、この裏技を思い出して使ってみてくださいね。