インフルエンザ予防 2017年最新版 12月の東京・大阪は要注意

2017年9月24日

年末になるとインフルエンザという言葉を
毎年耳にしますよね。
なんとかインフルエンザに感染しないように
予防しておきたいと思いますよね。
日に日に寒さが増してくるこの時期に
なるとインフルエンザが流行しだしますよね。
だいたい例年通りだと12月で感染者が一気に増えて、
1月から2月にかけてピークを迎えます。




東京・大阪などの大都市では人口が多い分、
インフルエンザに感染しやすいです。
また一人が感染してしまうと周りを巻き込んでしまい、
学校や職場での集団感染なんてことも起こってしまいます。
特に小学生なんかは抵抗力も弱いので集団感染しやすいですよね。
すぐ学級閉鎖です。
小学生なんかは抵抗力は弱いですが回復力は強いです。
問題はご年配の方々ですね。
抵抗力も回復力も低いのでインフルエンザは一大事ですよね。
ではインフルエンザの感染を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。
今回はインフルエンザの感染を予防するポイントを
5つまとめてみました。

インフルエンザ感染を予防するポイント5つ

インフルエンザ感染を予防するポイント
その① インフルエンザ予防接種を受ける

まずはこれに限りますね。
予防接種を受けておくだけでインフルエンザに
感染する確率は下げられます。
ただ、予防接種を受けたからといって
100%予防できるわけではありません。
インフルエンザには何種類が型があり、
その中から今年流行しそうな種類を
お医者さんが選んで注射してくれます。
予想が外れてしまえば予防接種の効果は期待できません。
そうは言っても予防接種を受けたんだという
安心感がインフルエンザの感染を予防することもあります。
病は気からってやつですね。

インフルエンザ感染を予防するポイント
その② 外に出かける時はマスクを着用する

外には色々なウイルスがいます。
特に人込みではインフルエンザウイルスに
遭遇する確率が高まります。
マスクで少しでも防ぎましょう。
またちょっと風邪気味だなという時も
マスクを装着することで、新たなウイルスを
もらわないようにしたり、自分のウイルスを
外に巻き散らかさないようにするためです。




インフルエンザ感染を予防するポイント
その③ 外から帰ったら、手洗い、うがいをする

基本的なことですが意外と大事。
小さな積み重ねが風邪の予防になります。
普段から外から帰った時や、食事の前に手洗い、
うがいをする習慣を身に着けておきましょう。

インフルエンザ感染を予防するポイント
その④ お部屋の湿度を保つ

ウイルスは乾燥すると繁殖します。
つまり、一定の湿度を保っておけば
ウイルスは繁殖できません。
この時期の湿度は50%から60%くらいが
ちょうどよいとされています。

インフルエンザ感染を予防するポイント
その⑤ しっかりと栄養と睡眠をとる

睡眠不足や栄養が足りていないとき。
そういう隙があると体の抵抗力が弱まり、
インフルエンザウイルスに感染しやすくなってしまします。
いつもなら体内に侵入してもあっさりと
撃退してしまうようなウイルスにも
感染してしまう可能性もあります。
この時期は特に健康状態に気を使いましょう。

インフルエンザ感染を予防するポイント まとめ

今回はインフルエンザの感染を予防するポイントに
ついて書いてみました。
インフルエンザに感染してしまうと
1週間ほど安静にしておかなければいけなくなりますね。
これからの時期、クリスマスや忘年会など
楽しいイベントがいっぱいです。特に東京や大阪など人口の多い地域で
生活されている方は気を付けたいですね。
インフルエンザに負けないようにして
楽しい日々を過ごしましょう☆