インフルエンザの初期症状と2017・2018シーズンの対処方

そろそろインフルエンザが流行る時期ですね。
この時期は風邪っぽいな〜と感じたら
インフルエンザを疑わなければいけませんね。
ただの風邪だと甘くみていたら
周りにインフルエンザウイルスを巻散らかしていた・・・・
なんてことにもなりかねません。

ではインフルエンザにかかるとどのような症状が出るのでしょうか。
今回はインフルエンザに感染した時の
初期症状と、万が一インフルエンザウィルスに
感染してしまった時の対処について書いていきます。

 

通常の風邪とインフルエンザの違いは?

 

通常の風邪では発熱の他には咳や鼻水、喉の痛みなどがありますね。

インフルエンザでは上記の症状に加えて、
全身のだるさ、関節痛、頭痛、寒気などが起こります。
発熱するときに38度以上の高熱がでるのもインフルエンザの特徴です。
普段健康な人はすぐに発熱せずに1日〜2日後に
発熱することがよくあります。
なので激しい運動をした翌日にインフルエンザに
かかってしまうと、体が痛くてだるいけど
ただの筋肉痛かなと勘違いしやすいので気をつけましょう。

なんかいつもの風邪とは違うな~と思ったらすぐに病院に行きましょう。

 

もしもインフルエンザに感染してしまったら

 

インフルエンザに感染した時の対処法
その①病院に行く

まずはインフルエンザかどうか診断してもらいましょう。
インフルエンザであれば診断書をもらい会社や学校に休みの連絡を入れましょう。
病院に行くとインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ薬をもらえます。

 

インフルエンザに感染した時の対処法
その②マスクをつける

家にいるときでも同居している家族に感染させないようにマスクを着用しましょう。
呼吸しにくいかもしれませんが家族に同じ苦しみをさせたくありませんよね。

 

インフルエンザに感染した時の対処法
その③しっかり寝る

まあ、熱が出ているので安静にするしかないですが、読書やゲームばかりせず、いつもより長めに睡眠を取りましょう。
普段より体力が落ちやすいので十分な睡眠を取ることが早期回復につながります。

 

インフルエンザに感染した時の対処法
その④水分をしっかりとる

高熱が出るので、熱を下げるにはたくさん汗をかきます。
水分をとっておかないと汗が出ず、熱が下がりません。
スポーツ飲料でなくてもお茶やスープなどでもかまいません。
自分が飲みやすいものを飲みましょう。

 

インフルエンザに感染した時の対処法
その⑤無理をしない

熱はだいたい2日くらいで下がります。
熱が下がるともう普通に生活できます。
しかし、だからといって会社に行ってはいけません。
まだ完全にインフルエンザウイルスが
全滅していないので周りに移してしまう恐れがあります。
お医者さんの許可があるまでは自宅で安静にしていましょう。

 

インフルエンザの初期症状と2017・2018シーズンの対処方 まとめ

 

今回はインフルエンザの初期症状と
インフルエンザに感染した時の対処法について
書いてみました。

特に2016・2017シーズンは例年に比べ
インフルエンザが流行りましたね。
2017・2018年も大流行する恐れがあります。
インフルエンザに感染しないよう
日ごろから気を付けたいですね☆