【画像あり】豊田真由子の眉毛が変わった!メイクで印象操作!?このハゲー!!前後比べてみた

「このハゲ~!!!!」発言が記憶にあたらしい、元政策秘書への暴言暴行で埼玉県警から事情聴取を受けていた豊田真由子衆院議員。
しばらく表舞台から姿を消していた豊田真由子議員。

しかし、フジテレビ系「Mr.サンデー」で宮根 誠司の独占インタヴューに答えた豊田真由子議員。

暴言暴行報道の頃のつりあがったいかにもな眉毛とはうってかわり、角度は穏やか、ソフトな印象に。
ひたすら、自分のやっていたことを反省する態度で話をする豊田真由子議員に、このハゲ~!!!の印象はなかった。

一部では印象操作か!?とも言われている豊田真由子議員の眉毛の変化に注目してみた。

その他おススメ記事→道端ジェシカの妊娠相手が発覚!妊娠何ヶ月?お相手は実家がセレヴの大富豪!?映画プロデューサー、ケンカオって何者なの?
おススメ記事→桑田真澄の息子?隠し子?!モデルでミュージシャンのMatt(マット)って何者?母親は外国人?


豊田真由子議員プロフィール


生年月日:1974年10月10日 (42歳)
出身地:千葉県
出身校 東京大学法学部卒業
ハーバード大学大学院修了
前職 厚生労働省老健局課長補佐
東京大学法学部を卒業後、厚生省へ入省した豊田真由子議員。その後、国費留学生として ハーバード大学大学院へ入学し、卒業、厚労省在籍中に在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任した経験もある、エリートだそう。

しかし政治家に転向後元政策秘書へ

「この、ハゲーーーーーっ!」
「ちーがーうだろーーっ!」
「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」
「うん、死ねば?生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

などという暴言を暴露され、一躍有名に。。。

それにしても、最近東京大学卒業女性政治家の不祥事報道が多いのは気のせいなのか?
国立大学の最高峰と言われている東京大学で、彼女たちははいったい何を学んできたのだろうか?

その豊田真由子議員、騒動からしばらくたった昨晩、テレビにて独占インタヴューに応じていた様子が、暴言騒動のときとうってかわっている。

いったいどういうことなのだろうか。


豊田真由子の眉毛の角度に異変


これは、政治家になってからの豊田真由子議員の文部科学大臣政務官就任の際にも使われた写真。
やさしく微笑んではいるものの、オールモスト三角形とも言うべきつり上げ眉。

この顔が、怒りにかわり、怒号を発したとなると、そうとう怖い。
怖すぎるの一言である。

そして、テレビで謝罪のインタビューをする豊田真由子議員。

眉毛は、角度を下げ、ナチュラルな印象に。
終始ソフトな口調で、自分の行為について、反省と、世間を騒がしたことへの謝罪の言葉をのべている。

一部では、いままで出てこなかったのには、イメージチェンジをはかりソフトな印象に見えるように眉毛の角度を変えたのではないか?という声さえ上がっているのである。


印象操作ってなに?

ネットで豊田真由子議員にたいしてささやかれる印象操作とは

生活の中でさまざまな役割を求められる人間は、自身の言動を意識的・無意識的にその役割に沿うようにコントロールして、相手に与える印象を管理しているという概念。カナダ出身の社会学者アービング・ゴフマンが1950年代に提唱したとされる。

コトバンクより引用

つまり、見た目もその一部で、相手に与える印象をコントロールするということ。

豊田真由子議員自身でも、インタヴュー中、なぜあんな暴言を吐いたのかが不明とした上で、言ってはいけないことを言ったと反省しており

「音声を聞く度にぼうぜんとしちゃう。正直、こんなこと言ったんだなあと」

と、当時のことを振り替えり、まったく他人のことのようにキャラ変わりしている。


豊田真由子議員の眉毛変化まとめ

暴言のインパクトが強いが為、いかにもエリート政治家の性格の悪さを絵に描いたような印象だった豊田真由子衆院議員。
しばらく表舞台から姿を消し、眉毛を吊り上げから、下がり眉にした効果はあるのだろうか。
文字通り、印象操作で、世間の記憶から、あの鬼の形相の怒号を消し去れればよいのだか。
今後、釈明インタビュー時の優しい豊田真由子議員のキャラのまま、政治活動を続けてくれることを願ってやまない。

読んでみようほしのあきを奇跡の40歳!とべた褒め吉川ひなの。まじで10代かよ!?若さの秘訣とは?

その他おススメ記事→イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃の子、ジョージ王子がプリスクールに進学!伝統を打ち破る教育方針トーマスバタシー校とは?かわいすぎる初登校画像あり!