野田聖子議員の夫は「元暴力団員」!?出会いは?逮捕歴も?またもや女性議員に文春砲!

女性議員の不倫騒動、パワハラ報道が続出する中、あらたな女性議員が話題になっています。総務大臣も勤めたこともある野田聖子議員が週間文春に報じられた内容は夫、「元暴力団員」だとの事。

大臣まで勤めた女性政治家が、反社会的勢力とのつながりがあるのでは?と国民を不安にさせるような報道ですが、野田聖子議員の夫とはどんな人物なのでしょうか?
また、夫婦関係や馴れ初めについて調べてみました。


野田聖子議員プロフィール


生年月日1960年9月3日(57歳)
出生地 福岡県北九州市
出身校 上智大学外国語学部
前職 ホテル従業員

野田聖子さんは現在の旦那様とは再婚で、元夫は国会議員の鶴保庸介さんです。
野田聖子さんは前夫との間に卵子提供を受けて体外受精を実施し、妊娠し、出産。
お子さんは生まれましたが、生まれながらに重度の障害があることを公表しています。

また、夫婦別姓を推進している野田聖子さんは、前夫の鶴保庸介さんは夫婦別姓制度に反対だったようで、入籍せずに事実婚という形をとっていました。

また、野田聖子さんの現在の夫は、自身が跡取り娘で名字を維持するためだったので、野田姓を残すため、婿養子に入った形になるようです。

では、今回報道されている、野田聖子さんの現在の夫はどのような方なのでしょうか?


田聖子議員の夫とは?


お名前は野田(旧姓:木村)文信さんという方で現在は飲食店の経営者だそうです。

もともと、文信さんの経営する飲食店に野田聖子議員が訪れたことが出会いのきっかけだったようですね。

そもそも、野田聖子議員の夫婦関係がなぜ報道されたかといと、この野田文信さんの前の職業が暴力団員だったと言うことだそうです。

文信氏はかつて、京都の指定暴力団「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に幹事として所属していた。昌山組は、組長が2000年2月に殺害事件で実刑判決を受け、同年3月に解散。文信氏は事件以前に組を抜けていたが、99年と05年に逮捕歴があり、それぞれ刑罰を受けたという。

週刊文春2017年9月21日発売号(28日号)より

 


という内容の報道がなされました。

文春記事によれば、出会ったのは文信さんが完全に暴力団を辞め、飲食店を経営するようになってから。しかも2人は11年、50歳という高齢出産で子供もうけた野田聖子さんの長男出産と同時に結婚しています。

野田聖子さんは、この長男、真輝(まさき)君出産によって子宮の摘出をしました。この件などについては、テレビ番組で特集もくまれましたね。

その間をずっと付き添い、支えてきた方が現夫の野田文信さんです。

野田聖子さんの出産による、子宮の摘出、息子さんの重度の障害をともに乗り越え、夫婦としてはとても硬い絆で結ばれ、夫としてもとてもすばらしい人物ではないでしょうか。


野田聖子議員の今後の議員活動に影響は?

「すべて処分を受けて、きちんと解決、済んだことなので」「(逮捕は)出会う前の話ですし」 

これは入閣した際の野田聖子議員の言葉だそうですが、なぜこのタイミングでこの報道がなされたのでしょうか?

政治家といえば、汚職や、反社会的勢力である暴力団との関係を思わせる交友関係などは、芸能人と同じくイメージダウンになるほか、国民からの税金を得て暮らしている存在として、もしそのようなことがあれば、支持者はもちろん、国民からの反感を買うことは間違いないです。

今回は、元暴力団員ということで野田聖子議員のいうように、現在は飲食店の経営者をされているので、夫婦間がうまくいっていれば問題のないことのような気もしますが、奥様の職業が政治家、しかも総務大臣という立場から、このように大きく報道されるにいたった様子ですね。


まとめ

野田聖子議員の夫が週間文春報道どおり「元暴力団員」というのは事実のようです出会いは旦那様の経営する飲食店に野田聖子議員が訪れたことのようですね。

どうやら暴力団員時代の逮捕歴事実のようで、またもや女性議員に文春砲が投下されたようです。

夫婦間にはいろいろな過去があると思いますが、それぞれの過去も受け入れたうえで夫婦生活を送られるのはご本人たちの自由ではないでしょうか?

野田聖子議員今後の政治家活動に注目が集まります。