ドラム式洗濯機事故が多いメーカーはどこ?事故防止対策はどうやる?

ドラム式洗濯機の中に子どもが閉じ込められ死亡するという
居たたまれない事故が後を絶ちません。

先日も5歳の男の子がドラム式洗濯機の中に誤った入り
死亡するという悲劇が発生しました。

事故は、国内や海外で過去に何度も起きています。
事故が多いメーカーはどこのメーカーなのかを調べてみました。

【目次】
1・ドラム式洗濯機のメリット・デメリット
2・ドラム式洗濯機事故が多いメーカはどこ?
3・ドラム式洗濯機事故防止策は?

気になったので調べてみました。




<オススメ記事>

 

1・ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

暮らしに欠かせない必需家電の一つである洗濯機。
現在ビックカメラやヨドバシカメラなどにいくと洗濯機コーナには
縦型とドラム式の2種類が展示されていますよね。

どちらを買うか迷う人も多いと思いますが、ドラム式洗濯機の
メリットとデメリットはなにがあるのでしょう。
調査してみました。

家電量販店のコーナーにいくとドラム式の洗濯機のほうが
多い気がしますが、実は7割以上の人が「縦型タイプ」
を使っていることが判明。

 

あまりドラム式人気がないんですね。

まずはドラム式ののメリットデメリットをみてみましょ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ドラム式タイプのメリット】
・縦型よりも大幅に水量が少ない
・洗濯物にシミや傷みが生じにくい
・少ない水で洗剤を溶かすので濃度が濃く皮脂汚れに強い
・衣類が空気に触れやすいため乾燥が早い

【ドラム式タイプのデメリット】
・縦型と比べると洗浄能力がやや劣る
・水量が少ないため色移りしやすい
・サイズや重量が大きい
・幅を取りやすく場所取りが大変
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドラム式のメリットのとしては水が少なくてすむ。
水道代がお得になるという感じですね。
また、衣類にやさしいく乾燥が速いというのもメリット。

冬はありがたいですね乾燥が速いのって。

逆に洗浄力がやや弱くサイズが大きいので場所をとる
というのがデメリットとしてあげられています。

 

では、縦型のメリット・デメリットはどうでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【縦型タイプのメリット】
・洗濯物同士をこすり合わせて洗うので汚れ落ちがよい
・多くの水を溜めて洗うので洗剤が泡立ち洗浄力が高い
・ドラム式と比べると価格は安め

【縦型タイプのデメリット】
・衣類の傷みやからみがドラム式よりも多い
・乾燥機能を利用した際に、ドラム式よりも衣類が乾燥しにくい
・大物衣料の出し入れがしにくい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ドラム式に比べると水の量は多くなりますが、汚れに強いのと
価格が家庭的であるということがメリットとしてあげられます。

逆に乾燥はやっぱりドラム式のほうが上なんですね。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、選ぶポイント
しては本体価格や洗浄力重視なら縦型、節水性と乾燥性能重視
ならドラム式という図式でしょう。

どちらにも長短はあるので自身の生活に合わせて購入すると
いいでしょう。

<オススメ記事>

有村藍里が歯を矯正したら有村架純を超える可愛さ?ロンハー水泳大会で盛大にやらかす?

欅坂46 センター 平手友梨奈闇が深すぎる!?「もう休んで」ファンから心配の声

 




2・ドラム式洗濯機事故が多いメーカはどこ?

2008年以降、日本だけでなく米国や韓国でも同様に子どもが
洗濯槽に閉じ込められ、死亡する事故が相次いでおり現在も
事故がなくなっていません。

最新型の洗濯機を持っている人はご存知かとは思いますが
ドラム式洗濯機だと、そもそも内側から扉を閉められない
ものが多いのです。

ただ、これができるから事故が発生するわけですよね。
その洗濯機を作っている危険なメーカーはどこなのか
調査してみました。

調査してみたところ、現在日本のメーカーでもドラム式洗濯機
は多くのメーカーが出しています。

・パナソニック
・シャープ
・三菱
・日立

ただ、やっぱり事故が多いメーカーはどこかはわかりません。
そんなの発表した日には絶対売れなくなるし。

 

ちょっと気になったのが、日立のドラム式洗濯機は上記の3社に
比べると、ドアが開いた状態から手を離しただけで閉まる。

ただ、これ全ての機種がそうだとは限らないし、日立も事故防止の
為にチャイルドロック機能が付いてます。
なので、日立=危険というわけではないんです。

逆にパナソニックさんは対象機種にはなりますが、洗濯機が
動いていないときは、子供の力でも内側から開けられるように
設計しているとの事。

どのメーカーも安全対策はしっかりしてるんですね。

事故が多いメーカーはわかりませでしたが、日立はほかの
メーカーに比べるとゴムが弱いのかもしれません。




<オススメ記事>

欅坂46 センター 平手友梨奈闇が深すぎる!?「もう休んで」ファンから心配の声

江原啓之2017予言は当たっていたか?江原啓之2018年の予言はどうなっている?

 

3・ドラム式洗濯機事故防止策は?

ドラム式洗濯機の事故がなくならないため、消費者庁は2014年と2015年
一般向けのメール、子どもが勝手に入らないようにドアを閉めることや、
ゴムバンドをかけるなどしておく防止策などをメールで注意を喚起。

もちろんメーカーも取扱説明書で注意を促したり、本体に警告の
シールを貼ったりと対策を練っています。

 

ただ、それだけでは事故はなくなりません。
事故防止対策はどうしたらいいのでしょう。

 

一番いいのは、チャイルドロック機能の活用でしょう!!!

 

チャイルドロック機能は運転中だけでなく、電源を切った状態でも
ドアが開かないようにできる仕組みです。
事故防止に効果があるとされ、多くの機種に採用されています。

メーカーの機種によっては、ドラム内に閉じ込められても、内側から
ドアを開けることができる「閉じ込め防止機能」を付けた機種も
販売されていますが、これはまだまだ販売数が少ないのが現状。

やっぱり、チャイルドロックをしっかりと行う!!

これがベストの事故防止策です。
ただ、人間ですから絶対に忘れがちになりますよね。

なので、ちょっとの工夫で事故を防げる方法を紹介します。

ドラム式洗濯機は縦型と違って簡単に入れる仕組みなので
まず、近くに台や椅子などを置かないことが重要。

また、ドアは常に閉めておき物理的に入れないように
しておくのが最も重要でしょう。

あとは、ふたにゴムバンドをかけ完全密室ができない
状態を作り上げておく。

こういった普段からできることをやっておくことが
事故防止の最善策ともいえます。

忙しいと忘れがちになりますが、尊い命を守る為にも
できることからやっていったほうがいいでしょう。

<オススメ記事>

江原啓之2017予言は当たっていたか?江原啓之2018年の予言はどうなっている?

有村藍里が歯を矯正したら有村架純を超える可愛さ?ロンハー水泳大会で盛大にやらかす?




まとめ

ドラム式洗濯機事故が多いメーカーはどこ?事故防止対策はどうやる?

ドラム式洗濯機についてまとめてみました。

縦型もドラム式もメリット・デメリットがあります。
ご自身の生活にあった洗濯機を選ぶのがベスト。

チャイルドロックなど事故防止対策もメーカーさんは
しっかりとやっているのであとは普段の工夫から
事故がないようにしていくしかないですね。

最期までお読みいただきありがとうございました。