カーリング女子のおやつタイム放送中断でtwitter炎上!NHKは録画をネット配信決定!今日のおやつタイムは何だ!?

フィギュアスケート男子、羽生、小川の金メダル銀メダルのワンツーフィニッシュに沸くピョンチャンオリンピックで、目下、次なる話題は、女子カーリング代表!

北海道の北見出身で、小さい頃からオリンピックを夢見て互いにはがんばってきた女子カーリング日本代表のメンバー達。そのチームワークを生かし、メダルへの期待も高まっています。

そのカーリング女子が競技以外の意外な部分で注目を集めてるのが、カーリング中の「おやつタイム」。
「おやつタイム」とは、ハーフタイム中におやつを食べながらミーティングをする姿。
今回のオリンピックで報道されて、一躍話題となっているのです。

ネット上では「今回のおやつは何食べている?」という「おやつタイム」に注目が集まっています!
カーリングの試合はもちろん、密かに今回は何のおやつを食べているのを楽しみにしている
「おやつタイム」ウォッチャーも現れている模様です。

今回はカーリング女子のおやつタイム放送中断でtwitter炎上!NHKは録画をネット配信決定!今日のおやつタイムは何だ!?について調べてみました。


カーリング女子メンバーは?

本橋麻里さん
藤澤五月さん
吉田知那美さん
木夕湖さん
吉田夕梨花さん

の5人。アスリートらしからぬ、かわいくてアイドルなみのルックスを持つメンバーで
本橋さんは、個人でDVDもリリースしていますw

また、たびたび話題になる「そだねー」などの、かわいい言葉遣いも、オリンピックとカーリングファンをきゅんとさせていますね。

さて、話題になっている「おやつタイム」とは、いったい本当はどういう時間なのでしょうか。


おやつタイムってほんとは何?

世間一般におやつタイムと話題になっている時間はカーリングの中の5エンド終了後の7分間のハーフタイムの事です。カーリングは試合は2時間30分!もある長時間戦。

4人が2回ずつ投げて、計16回投げると1エンド終了、それを各チームで10エンドを繰り返して勝敗をつける体力も、知力も必要なスポーツです。

この「おやつタイム」正式名称はデッドタイムといい、今後の作戦をミーティングしたり、試合中の疲れた頭と身体を癒す糖分を含む物(フルーツやスポーツドリンク)などを摂取し体力回復に使われる時間だとか。

試合のための、大切な作戦会議をしつつ糖分摂取をしている姿が、端から見ればおやつを食べて喋っているだけにも見え、オリンピックのカーリングの試合の際にたびたびこの風景が映し出されたことから、この時間の事を「おやつタイム」と呼ぶようになり、トリノオリンピックのカーリング競技では、この「おやつタイム」が脚光を浴びたとの事です。


日本女子代表のおやつタイムメニューは?

報道されているかぎりでは

予選リーグ 日本 対 韓国戦
・いちご(しかも皆で仲良く分け合う)
・他に、チョコレートバーのようなものを食べる選手も。

日本 対 個人資格・ロシア出身戦
・バナナ
・カステラのような蒸しパンのようなケーキ
・チューブ式のゼリー飲料

のようなレパートリーです。

また、この「おやつタイム」では、日本女子代表のみが、円陣になって座り込んで仲良く
「女子会」スタイルをとっていることでも話題になっています。

17日のカーリング女子日本対ロシア戦を中継していたNHKは、この日本国中が注目するおやつタイムになんと金メダルを獲得した羽生結弦選手と、銀メダルの宇野昌磨選手のインタヴュー録画を放映したところ、全国の「おやつタイム」ファンが激怒!

おやつタイム返せ!

おやつタイムを楽しみにしていたのに!

今日のおやつは何だ!?

との批判で、NHKのついったーが炎上してしまったとの事。

のちに、NHKはYouTubeにて、おやつタイムの様子を動画配信して解決していました。


おやつタイムまとめ

いかがでしたか?楽しい女子会風の「おやつタイム」実は長時間の試合を乗り切る、大切な作戦会議と栄養補給の時間だということがわかりましたね!
カーリング女子も、この「おやつタイム」を有効に生かして、ぴょんちゃんオリンピックで活躍してくれることを願います!