ギャルの聖地!福岡の「天神コア」が閉店意向?!

 

福岡では「ギャルの聖地」とお馴染みの施設、天神コアが20年3月に閉店とのこと

4月15日、福岡市の西鉄(西日本鉄道)が、天神(てんじん)の商業ビル「天神コア」を
20年の3月末までにで閉店する意向、をテナント側へ伝えていたことが関係者への取材で分かったそうです。




そもそも、「天神コア」って何?!

【福岡のギャルに愛される「天神コア」とは?!】

天神コアは1976年6月に開業された福岡市の商業施設。地下2階、地上8階建てで、若者向けのファッションブランドなど約120店が入っている。
テナントは、セシルマクビーなどギャル系のブランドが多くあり
昔から福岡では「ギャルの聖地」と言われていた。
全盛期は、福岡のギャルの待ち合わせが「じゃ、天神コアね~」となるほど
「福岡のギャル=天神コア」
のイメージが博多っ子の中では強い。

そうです。




天神コアの中には、ギャル向けの衣装だけでなくメイク用品や

カジュアル系の「WEGO」などのプチプラファッションなども入っています。

また、厚底サンダルや厚底ヒール、厚底ブーツなども天神コアに行けば間違いなく手に入れることが出来るので

「身長盛りたい系ミニマム女子」にも人気のスポットなのです!

(天神コアの1Fには、セシルマクビー=略して「セシル」が華麗に出迎えてくれます)

最近では、お笑い芸人のブルゾンちえみさんも天神コアの前でライブを行ったそうですよ。

天神コアは、なぜ閉店することになったの?!

さて、そんなギャルに人気の天神コアが何故、閉店することになったのか?!

それには、福岡の都市開発との関係が大いにあるようです。

天神の都市開発計画「天神ビックバン」って知っとう?!

福岡へ来たことがある方はご存知かも知れませんが

福岡市は非常に福岡空港と近い便利な街なんです。

その関係で、航空法の規定などから福岡市の商業施設は他の都心の商業施設よりも

「ビルが全体的に低い」という特徴があります。

この航空法が今回緩和されたことから、もう一度福岡の街を再開発しよう

ということでスタートしたのが「天神ビックバン」というプロジェクトだそうです。

天神地区では,アジアの拠点都市としての役割・機能を高め,新たな空間と雇用を創出するプロジェクト“天神ビッグバン”を推進しています!

これにより,天神地区は付加価値の高いビルへの建替えなどがスピード感をもって進み,ビジネスやショッピング・憩いをはじめ,人・モノ・コトが交流する新たな空間が生まれます。

(福岡市のHPより抜粋)

その為、天神コア含め近隣の商業施設や天神の街全体を2024年を目途に変えていこう

という取り組みのようですね。

この天神ビックバン計画によって、約30棟のビル建て替えがなされるとか?!

天神コアはいつ閉店するの?!

さて、福岡のギャルだけでなく福岡民に愛される天神のシンボル「天神コア」は

いつまでに閉店されるのでしょうか?!

ニュースによりますと、2020年の3月末までに閉店するようで

2019年3月末までには撤退するようにテナント側と交渉しているとのことです。

また、今後の施設計画は2018年度に決定していくようですよ。

天神コアだけでなく隣の施設も一緒に立てなおし?!

この天神ビックバン計画によっては、隣接施設の「天神ビブレ」と融合する可能性もあるとのこと?!

(天神ビブレには、大人気の書店「ジュンク堂書店」も入っています)

なので天神コアを堪能したい方は是非2019年末までにたくさん遊びに行きましょう♪笑

福岡好きには、「天神コア」をはじめ、昔から慣れ親しんだ福岡のシンボルがなくなっていくのは

悲しい面もありますが、どんどん新しく開発されていく福岡・天神の街も非常に楽しみです!