DJのアヴィーチー(Avicii)さん28歳の若さで死去、その死因とは?!自殺?!病死?!【続報】

2018年4月27日

世界で最も成功を収めたDJの一人である

アヴィーチーさんが28歳の若さで亡くなり、若者を中心に激震が走りました。

EDMといえば、Aviciiというくらいアヴィーチーさんの音楽のファンでしたが

今回、この早すぎる彼の死はどうして訪れたのか、その死因についてを調べてみました。

アヴィーチー(Avicii)さんのプロフィール

ここでまず、アヴィーチー(Avicii)さんのプロフィールを見ていきましょう。




誕生日 1989年9月8日(現在28歳)
本名   ティム バークリング 「Tim Bergling」
活動名   Avicii(アヴィーチー)
出身   スウェーデンのストックホルム
職業   世界的DI、プロデューサーなど

アヴィーチー(Avicii)さんの死因は?!亡くなった場所とは?!

「現地時間4月20日金曜日の午後、オマーンの首都マスカットで彼は死体で発見されました。現在、彼の家族はこの衝撃に打ちひしがれております。大変な時期を過ごしている彼らのプライバシーを尊重して頂けると幸いです。また、今後この件に関して声明を出す予定はありません」

こちらは、アヴィーチーさんことバークリングの代理人の方の声明文なのですが

どうやらアヴィーチーさんは、オマーン滞在中にお亡くなりになったようです。

また、今後この件に関して声明を出す予定はないとのことなので、アヴィーチー(Avicii)さんの死因は

「病気?」「自殺?」などますますファンの間で噂されるかも知れません。

アヴィーチー(Avicii)さんの死因と名曲が関係?!

アヴィーチーさんといえば、カントリー調の曲である「Wake Me Up」が有名ですが

この歌詞を和訳すると「少し人生に迷ってしまった若者の葛藤」というイメージなので

まるで、今回の死を示唆しているのでは?とファンの間ではささやかれています。

一部歌詞の抜粋をしていきましょう。




アヴィーチー(Avicii)さんの名曲「Wake Me Up」の歌詞に死因が示唆されている?!


So wake me up when it’s all over
だから すべて終わったら 僕を起こしてくれ

When I’m wiser and I’m older
僕が賢くなって 年を重ねた頃に

All this time I was finding myself
僕はずっと 自分を探していたんだ

And I didn’t know I was lost
自分を見失っている事に気づかなかった


うーん、今回の早すぎる彼の死のことを思うと複雑な気持ちになりますね。

きっとこの時のアヴィーチーさんの想いだったのかも知れませんね。

2年前から休業していたアヴィーチーさんに一体なにがあったのでしょうか?!

 

アヴィーチーさんの死因とは?!

 

アヴィーチー(Avicii)として知られる
スウェーデン出身のDJ・プロデューサーのティム・バークリングが
現地時間4月20日に28歳で死亡したと代理人が伝えた。
オマーンで死去も、現時点で死因は不明。
昨年のローリングストーン誌のインタビューでは
「もう幸せを感じられなくなっていた」と語っていた。

ニュースによりますと、アヴィーチーさんの死因は不明とのことですが

(続報:4月27日のニュースにより自殺ではないかと発表)

現在、膵炎(すいえん)の治療に専念するため2年間DJ活動を休止していたそうです。

では、一体膵炎(すいえん)とはどのような病気なのでしょうか?

もう少し調べていきたいと思います。

アヴィーチーさんが治療していた膵炎とは?!

膵炎とは、「慢性膵炎」「急性膵炎」に大きく分けることが出来ますが

主に膵臓が炎症を起こす病気のことです。

膵臓で大量に生産、貯蔵される消化酵素は、通常食事の刺激に応じて膵管を通って十二指腸に分泌された後に初めて活性化されます。しかし、何らかの要因により膵管の内圧が上昇したり、膵液分泌が過剰になったり、感染した胆汁が膵管内に逆流したりすると、貯留している消化酵素が膵管内で活性化してしまい、膵臓自体を消化してしまいます。

(出典:オリンパス「おなかの健康ドットコム」より)

急性膵炎と慢性膵炎の原因は、アルコールによるものや胆石によるものがほとんどだと言われています。

また、体重減少が著しく起きたり、全身倦怠感(だるさ)や、下痢、腹痛などもあるようです。

また、急性膵炎の場合は重症化すると死亡率も高いようなので

もしかしたら、アヴィーチー(Avicii)さんの死因は慢性膵炎の悪化の可能性も考えられます。

アヴィーチーさんは過度の飲酒が原因で、深刻な急性膵炎を患うなど、ここ数年、健康上の問題を抱えていた。

とのことですので

現時点では、まだ明らかなアヴィーチーさんの死因は分かりませんが

アヴィーチー(Avicii)さんが急性膵炎による病気療養中で辛かったことは推測されます。

 




【続報】アヴィーチー(Avicii)さんの死因は自殺だった?!

 

4月27日の続報によりますと、せかいてきDJアヴィーチー(Avicii)さんの死因は

自殺であることが、遺族からの発表で明らかになったそうです。

 

20代で、世界的なDJとして大成功を成し遂げたアヴィーチー。

その早すぎる死には、世界中のファンが涙しました。

アヴィーチー(Avicii)の遺産は?!全盛期の年収は?!豪邸は誰が遺産を相続するの?!

アヴィーチー(Avicii)が残した遺産は約40億円、50億円とも言われています。

2016年度のDJ年収ランキングによりますと

1. Calvin Harris: 6300万ドル(約63億円)
2. Tiesto: 3800万ドル(約38億円)
3. David Guetta: 2800万ドル(約28億円)
4. ZEDD: 2450万ドル(約24億5千万円)
5. Steve Aoki: 2350万ドル(約23億5千万円)
6. Diplo: 2300万ドル(約23億円)
7. Skrillex: 2000万ドル(約20億円)
8. Kaskade: 1900万ドル(約19億円)
9. Martin Garrix: 1600万ドル(約16億円)
10. Dimitri Vegas & Like Mike: 1550万ドル(約15億5千万円)
11. Afrojack: 1500万ドル(約15億円)
12. Avicii: 1450万ドル(約14億5千万円)

2016年度バージョンなので、既にこの時点で年収14億円を稼いでいたようです。

一般人からすると規模が大きすぎて想像もできない額ですよね。

さらに、2014年度バージョンですとアヴィーチー(Avicii)さんの年収は29億円もあったそうです。

2014年 DJ年収ランキング

1.カルヴィン・ハリス(Calvin Harris) 6600万ドル(約68億円)
2 デヴィッド・ゲッタ(David Guetta) 3000万ドル(約30億円)
3ティエスト(Tiesto) 2800万ドル(約29億円)
3 アヴィーチー(Avicii) 2800万ドル(約29億円)

これだけの年収を稼ぐためには計り知れない努力や休みの無い日々を過ごしたのかも知れませんね。

アヴィーチー(Avicii)さんは独身だった為、彼が残した遺産はご両親や兄弟に相続されるのでは?

と言われています。

アヴィーチー(Avicii)の17億円豪邸とは?!

また、アヴィーチー(Avicii)さんは総工費17億円とも言われる豪邸に住んでいました。


アヴィーチー(Avicii)さんは20代にしてこのような豪邸を建てていたようです。

こんな家、一度でも良いから泊まってみたいですよね。

【まとめ】アヴィーチー(Avicii)さんの死因は恐らく自殺、遺産は40~50億円で遺族が相続すると思われる

アヴィーチーさんのファンとして、今回の彼の急死は非常に悲しいことですが

これからもアヴィーチーさんの音楽を聴いて、天国での彼も応援していきたいと思います。

”So wake me up when it’s all over”

ひと段落したら、本当にアヴィーチー(Avicii)さんを「WAKE UP」起こしに行きたいくらいですよね。

ご冥福をお祈りいたします。