田端信太郎の学歴や年収は?子供は何人いるの?

田端信太郎の学歴や経歴はどのようなものなのでしょうか?

また気になる年収は?奥さんやこどもはいるのかなどを調べてみました。

田端が、特に力を入れているテーマの一つは、紙メディアの良い部分を
ネットメディアに引き継ぎ、ネットメディアの地位を上げることです。




 

田端信太郎の学歴や経歴は?

1975年石川県生まれ。
慶應義塾大学経済学部在学中は、東京の都会の本屋に行きまくっていました。

学校にはほとんど行かず、渋谷に入り浸ったそうです。
そして大学2年のときに、インターネットとの衝撃の出会いが訪れます。

そのときインターネットですごいことが起きると直感したようです。

インターネットという便利なものを見つけると、大学そっちのけでネットにのめり込んだようで、半年後には、自分でウェブサイトを作れるようになりました。

バイトを始めて最初は、ホームページプロデュース講座の
ヘルプとして、時給1500円を稼ぎました。

このバイトの魅力は自由時間にネットが使いたい放題というところでした。

田端が腕を上げていくと、次第にウェブサイト制作の仕事が舞い込むようになり、バイトを辞めて、自宅で制作を請け始めたところ、ひと月の稼ぎは30万〜40万円に上ったようで、田端にとっては充実の日々だったようです。

就職活動を始めたころ最終的に4、5社から内定をもらい、NTTデータを選択しました。

NTTデータでは営業を担当し、ビジネスのノウハウを学びました。

パワーポイント、エクセルの使い方から、事業企画書の書き方まで、基礎を徹底的に叩き込まれました。

NTTデータで2年弱を過ごした頃、リクルートがネットベンチャーへの投資を行う次世代事業開発室のメンバーを募集するものを目にしました。
インタ―ネットも好きだし、ファイナンスやビジネスの基礎も学んだ。

この仕事は俺にぴったりなのではなかと思い、2001年2月にリクルートへ入社することになりました。

 

なかなか希望した仕事ができない日々が続きましたが、社内の新規事業提案制度「RING」に応募し、後の「R25」の源流になるプロジェクトを提案したところ、合格。
それが徐々に本業になり、2003年の夏からは、新事業にかかりっきりになりました。

 

田端や他のメンバーの努力もあり、「R25」は無事デビューを飾る。

 

 

メディア業界に新風を吹き込み、社内外で大きな注目を浴びました。

 

しかし、田端は「これでいいのか?」と感じるようになりました。
そんなとき、ライブドアから声がかかります。面接後、即採用となりました。

 

堀江貴文からの叱咤激励に応じて着実に仕事をこなしていきました。

 

2006年1月のライブドア事件がありましたが、田端はあえてライブドアに残りました。

 

2008年4月からは、執行役員としてメディア事業全般を統括するミッションに入ります。
田端はメディア部門に課せられた「通期黒字化」という仕事を見事に達成します。

 

そして2010年5月、コンデナスト・デジタルに転職し、カントリーマネージャーとして、「VOGUE」「GQ Japan」「WIRED」のデジタル戦略を統括することになりました。

 

2年間コンデナストで経験を積んだ後、2012年6月に、ライブドアと経営統合したNHN Japanに帰還。

 

執行役員・広告事業グループ長として、「LINE」、まとめサイトの「NAVERまとめ」、「ライブドアニュース」などの広告マネタイズを担当していました。

 

その後2018年の2月に新たな挑戦のためとLINEを退職し、ZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイのコミュニケーションデザイン室長に就任しました。

 

 

転職の多い田端信太郎氏はZOZOTOWNにも長くいる事は無いような気がしますが、今後どのような事をやっていくのか気になるところです。




 

田端信太郎の年収は?

田端信太郎の年収ですがLINEからZOZOTOWNに転職して年収はどのように変わっていったのでしょうか?

ZOZOTOWNの社員の年収は同規模の企業に比べて、多くないという情報もありますが、役員は別だと思います。

田端信太郎の年収は明らかになってませんが、高額納税者であることは間違いないと思います。

 

高額納税者とは数千万~数億円の税金を納めている人のことをいいますが、納税額でこの金額と言う事は年収はかなり多いのではないかと予想されます。

 

 

 

田端信太郎に子供は何人いるの?

田端信太郎氏は結婚して嫁(妻)と子供がいるみたいです。

子供は上が男の子で、2人目は女の子がいるそうで、合計3人のお子さんがいらっしゃるようです。